「タニモク」編集部

「みつけてもらおう、自分の活かし方。」ー自分の伸びしろに気付き、伸ばすきっかけをつくる他人に目標をたててもらうワークショップ「タニモク」の公式アカウントです。ワークショップのTIPSや事例紹介、目標達成のヒントやイベント情報をお伝えします。

「タニモク」編集部

「みつけてもらおう、自分の活かし方。」ー自分の伸びしろに気付き、伸ばすきっかけをつくる他人に目標をたててもらうワークショップ「タニモク」の公式アカウントです。ワークショップのTIPSや事例紹介、目標達成のヒントやイベント情報をお伝えします。

マガジン

  • 「タニモク」編集部のコラム

    「タニモク」編集部が、“明日がちょっと良くなる”をテーマにお届けしているコラムをまとめたマガジンです。

  • 「タニモク」主催したみなさん

    「タニモク」を主催した気づきや学び、発見が書かれているnoteをまとめたマガジンです。

  • 「タニモク」体験したみなさん

    「タニモク」参加者の気づきや学び、発見が書かれているnoteをまとめたマガジンです。

リンク

記事一覧

固定された記事

「タニモク」noteの目次

こんにちは!「タニモク」編集部です。noteをご覧いただきありがとうございます! こちらの記事では、皆さまから寄せられた質問にお答えする、これまでに編集部が執筆した…

【イベントレポート】『「タニモク」流の振り返り』をテーマに「タニモク」ファンミーティングを開催しました

こんにちは!「タニモク」編集部です。 2022年9月14日、『「タニモク」流の振り返り』をテーマに、第4回「タニモク」ファンミーティングを開催しました。 この記事では、イ…

【活用事例】女性の多様性あるはたらき方を応援『女性社員×「タニモク」』

こんにちは!「タニモク」編集部です。 「タニモク」は、他人の考え方を借りて自分の伸びしろに気付き、新しい切り口を得るワークショップです。noteでは、さまざまな企業…

【活用事例】初対面同士の交流を深める『シェアオフィス×「タニモク」』

こんにちは!「タニモク」編集部です。 noteでは、「タニモク」を主催された方々にインタビューを行い、開催時の工夫や得られた効果、参加者の声などをご紹介しています。 …

NTTドコモ「はたらく部」と昭和学院企業ゼミが実施したサマーキャンプにて「タニモク」ワークショップを実施しました!

こんにちは!「タニモク」編集部です。 「タニモク」は、社会人だけでなく、学生向けにもワークショップを実施しています。 今回は、株式会社NTTドコモと株式会社アルファ…

【Pickup】「タニモク」を活用した個人の体験談を集めました

こんにちは!「タニモク」編集部です。 「タニモク」は、他人に目標をたててもらうワークショップ。他人の考え方を借り、枠を広げた状態の自分が目標設定を行う内容です。…

【Pickup】「タニモク」を活用した企業や団体の事例を集めました

こんにちは!「タニモク」編集部です。 5年目を迎えた「タニモク」は、さまざまな企業や団体で活用いただくようになりました。「タニモク」の輪が広がったことで、事務局に…

【活用事例】はたらく環境をより良いものに『コワーキングスペース×「タニモク」』

こんにちは!「タニモク」編集部です。 noteでは、「タニモク」を主催された方々にインタビューを行い、開催時の工夫や得られた効果などをご紹介しています。 今回お話を…

「タニモク」流の振り返りプログラムを体験!「タニモク」ファンミーティングを開催します

こんにちは!「タニモク」編集部です。 他人に目標をたててもらうワークショップ「タニモク」では、活用してくださるファンの集い「ファンミーティング」を半年に一度開催…

自分では気づかなかった自身の可能性に出会える! 「タニモク」イベントレポート

「沖縄ではたらく、をより良く」するコミュニティ “UPDATE with howlive” では、人と情報が行き交い出会うキッカケとして、3日連続のイベントを開催。「howlive Event We…

最良のメンターを見つける「タニモク」の活用方法

こんにちは!「タニモク」編集部です。 他人に目標をたててもらうワークショップ「タニモク」を開催していると、個人の方から相談をいただくことのひとつに「良きメンター…

「タニモク」活用事例集<企業、学校、コミュニティ>

こんにちは!「タニモク」編集部です。 他人に目標をたててもらうワークショップ「タニモク」は、リリースから5年を迎えました。さまざまな方に活用いただく中で、「タニモ…

「誰が何を知っているか」がわかることで組織を強くする「タニモク」

リモートワークが広がり、通勤とテレワークを行うハイブリッドワークを行うビジネスパーソンも多くなりました。一方で、「社員の一人ひとりの関係性が薄くなる」「組織の連…

【メンバー紹介】私たちが「タニモク」を運営しています

こんにちは!「タニモク」編集部です。 2016年の4人1組の振り返り会をきっかけに2017年のβ版を経て、2018年に正規版が誕生した「タニモク」。当初は1名でスタートしまし…

「タニモク」の誕生から現在まで。インフォグラフィックで振り返る

こんにちは!「タニモク」編集部です。 「タニモク」は、2017年1月に「タニモク」誕生のきっかけとなるβ版のワークショップを行ってから今年で5年目を迎えました。1人の…

【活用事例】新年度の目標の切り口を得る『キックオフ×「タニモク」』

こんにちは!「タニモク」編集部です。 noteでは、「タニモク」を主催された方にインタビューをし、実施内容や開催時の工夫などをご紹介しています。 今回ご紹介するのは…

固定された記事

「タニモク」noteの目次

こんにちは!「タニモク」編集部です。noteをご覧いただきありがとうございます! こちらの記事では、皆さまから寄せられた質問にお答えする、これまでに編集部が執筆したnote記事をご紹介しています。2022年7月、目次を最新版にリニューアルしました。 目次の質問をクリックすると、スムーズに検索できます。 「タニモク」についてQ:「タニモク」はどのようなワークショップですか? 「タニモク」は、利害関係のない他人同士が3~4人のグループを組み、“お互いの目標をたてあう”ワー

スキ
18

【イベントレポート】『「タニモク」流の振り返り』をテーマに「タニモク」ファンミーティングを開催しました

こんにちは!「タニモク」編集部です。 2022年9月14日、『「タニモク」流の振り返り』をテーマに、第4回「タニモク」ファンミーティングを開催しました。 この記事では、イベントの内容や参加したみなさんの様子をお伝えします。 「タニモク」ファンミーティングとは「タニモク」は、「みつけてもらおう、自分の活かし方。」をコアメッセージに掲げ、目標や行動を他人に考えてもらうことによって、自分の視野をひろげたり、新たな可能性に気づいたりすることができるワークショップです。2018年9月

【活用事例】女性の多様性あるはたらき方を応援『女性社員×「タニモク」』

こんにちは!「タニモク」編集部です。 「タニモク」は、他人の考え方を借りて自分の伸びしろに気付き、新しい切り口を得るワークショップです。noteでは、さまざまな企業や団体、学校で実施された事例やお役立ちコラムをご紹介しています。 先日、「タニモク」を提供するパーソルキャリア株式会社では、同じ属性でワークとライフのバランスに悩む社員を対象とした「タニモク」を実施しました。実施目的や内容、開催時の工夫などを、「タニモク」プロジェクトオーナーで当日のファシリテーターも担当した三石

スキ
3

【活用事例】初対面同士の交流を深める『シェアオフィス×「タニモク」』

こんにちは!「タニモク」編集部です。 noteでは、「タニモク」を主催された方々にインタビューを行い、開催時の工夫や得られた効果、参加者の声などをご紹介しています。 今回ピックアップするのは、東京を中心に会員制シェアオフィスを展開している「Business-Airport」。シェアオフィスという人と人が交わる空間を活かし、オフラインで実施された「タニモク」について、開催のきっかけや内容、オフライン開催ならではの工夫点、今後の活用方法などについてお話しいただきました。 実施

スキ
3

NTTドコモ「はたらく部」と昭和学院企業ゼミが実施したサマーキャンプにて「タニモク」ワークショップを実施しました!

こんにちは!「タニモク」編集部です。 「タニモク」は、社会人だけでなく、学生向けにもワークショップを実施しています。 今回は、株式会社NTTドコモと株式会社アルファドライブの共創事業である高校生向けオンラインキャリア教育サービス「はたらく部」が、この夏の目玉イベントとして昭和学院起業ゼミと合同で実施した「サマーキャンプ」にて、「タニモク」を実施しました!自己理解のワークショップとして活用された様子をレポートします。 イベント概要 はたらく部とは?社会/学校/学生をつなぐ

スキ
11

【Pickup】「タニモク」を活用した個人の体験談を集めました

こんにちは!「タニモク」編集部です。 「タニモク」は、他人に目標をたててもらうワークショップ。他人の考え方を借り、枠を広げた状態の自分が目標設定を行う内容です。事務局が運営する公式「タニモク」以外にも、企業や学校、コミュニティなどでも開催されているため、一度は耳にしたことのある方もいるのではないでしょうか。 1つ前の記事では、「タニモク」を主催・体験した企業や団体の感想をまとめた記事を配信しました。今回は、「タニモク」を体験した個人の感想を聞いてみたい方に向けて、各SNSな

スキ
3

【Pickup】「タニモク」を活用した企業や団体の事例を集めました

こんにちは!「タニモク」編集部です。 5年目を迎えた「タニモク」は、さまざまな企業や団体で活用いただくようになりました。「タニモク」の輪が広がったことで、事務局には「企業の場合どんなシーンで活用できる?」「実施の変化が知りたい」という声も届くようになりました。 今回は、「タニモク」を活用いただいた企業や団体が感想を掲載したサイトをご紹介します 企業や団体で「タニモク」を活用するシーン関係性づくり 新人スタッフやチームビルディングなど、初対面や親密度が低い人たちが集まる際の

スキ
3

【活用事例】はたらく環境をより良いものに『コワーキングスペース×「タニモク」』

こんにちは!「タニモク」編集部です。 noteでは、「タニモク」を主催された方々にインタビューを行い、開催時の工夫や得られた効果などをご紹介しています。 今回お話を伺ったのは、沖縄県でコワーキングスペースやシェアオフィスを運営する「howlive」のコミュニティマネージャー、椎名修一さん。コミュニティのイベントとして「タニモク」を実施されたという椎名さんに、開催への想いや今後の活用方法についてお話しいただきました。 実施企業と参加者 howliveとはー初めに、howl

スキ
2

「タニモク」流の振り返りプログラムを体験!「タニモク」ファンミーティングを開催します

こんにちは!「タニモク」編集部です。 他人に目標をたててもらうワークショップ「タニモク」では、活用してくださるファンの集い「ファンミーティング」を半年に一度開催しています! 次回は9月14日(水)にオンラインで開催。今回のテーマは『「タニモク」流の振り返り』です! 「タニモク」ファンミーティングとは「タニモク」ファンミーティングとは、「タニモク」を日頃から活用したり、体験した方が集まって「タニモク」をよりよくしていくためのナレッジを共有しあったり、つながりをつくるファン交流

スキ
1

自分では気づかなかった自身の可能性に出会える! 「タニモク」イベントレポート

「沖縄ではたらく、をより良く」するコミュニティ “UPDATE with howlive” では、人と情報が行き交い出会うキッカケとして、3日連続のイベントを開催。「howlive Event Week!!!」と題して、2022年7月12日(火) ~ 14日(木) にhowlive タイムスビル店(那覇・久茂地)にて実施しました。 1日目は、他人に目標をたててもらう「タニモク」(開発 : パーソルキャリア)のワークショップを開催。 参加者の皆さんから「自分を見直すチャンスに

スキ
7

最良のメンターを見つける「タニモク」の活用方法

こんにちは!「タニモク」編集部です。 他人に目標をたててもらうワークショップ「タニモク」を開催していると、個人の方から相談をいただくことのひとつに「良きメンターの見つけ方がわからない」というお話があります。今は、キャリアも生き方も人それぞれで一人ひとりが自らの意思で決め、行動しなければならない時代です。正解がない中で自身の経験のシェアや悩みに対してアドバイスをくれる「メンター」の存在がいることは、人生をより良くするためのひとつのポイントのように考えられます。 そこで今回は

スキ
6

「タニモク」活用事例集<企業、学校、コミュニティ>

こんにちは!「タニモク」編集部です。 他人に目標をたててもらうワークショップ「タニモク」は、リリースから5年を迎えました。さまざまな方に活用いただく中で、「タニモク」を開催したい方からの質問も増えています。 今回は、企業やコミュニティで「タニモク」を主催する際に、「開催規模が似ている別のコミュニティでは、どんな工夫をしているの?」「同じシーンで活用した企業の話を聞いてみたい」と考える方に向けて、これまでのインタビュー記事をまとめてご紹介します。 企業での「タニモク」事例集株

スキ
5

「誰が何を知っているか」がわかることで組織を強くする「タニモク」

リモートワークが広がり、通勤とテレワークを行うハイブリッドワークを行うビジネスパーソンも多くなりました。一方で、「社員の一人ひとりの関係性が薄くなる」「組織の連帯感が失われている」といったマイナス面も聞かれるようになりました。こうした課題も明らかになる中で、テレワークの負の部分も理解しつつ、組織力を向上させる施策を行いたいと考える人事担当者もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、「タニモク」によって解決できるテレワークの処方箋について、お話をしたいと思います。 トラン

スキ
2

【メンバー紹介】私たちが「タニモク」を運営しています

こんにちは!「タニモク」編集部です。 2016年の4人1組の振り返り会をきっかけに2017年のβ版を経て、2018年に正規版が誕生した「タニモク」。当初は1名でスタートしましたが、「タニモク」の広がりとともにメンバーも増え、現在では11名で運営しています。 今回のnoteでは、「タニモク」愛あふれるメンバーを似顔絵とともに紹介します。 メンバー紹介「タニモク」プロジェクトリーダー 三石原士 担当: 「タニモク」プロジェクトをリードする 携わるきっかけ: 2017年にプ

スキ
4

「タニモク」の誕生から現在まで。インフォグラフィックで振り返る

こんにちは!「タニモク」編集部です。 「タニモク」は、2017年1月に「タニモク」誕生のきっかけとなるβ版のワークショップを行ってから今年で5年目を迎えました。1人の活動から始まった「タニモク」は、年々関わる人を増やし、成長し続けています。 この度「タニモク」のこれまでのあゆみについて振り返ってみようと、インフォグラフィックを作成しました。今回はこのグラフィックと共に、「タニモク」の始まりから現在、そして今後について運営メンバーに話を聞いてみました。 「タニモク」のあゆ

スキ
2

【活用事例】新年度の目標の切り口を得る『キックオフ×「タニモク」』

こんにちは!「タニモク」編集部です。 noteでは、「タニモク」を主催された方にインタビューをし、実施内容や開催時の工夫などをご紹介しています。 今回ご紹介するのは、「タニモク」を提供するパーソルキャリア内の事業部における、キックオフの事例です。ファシリテーションを務めた「タニモク」プロジェクトオーナーである三石原士に、当日の様子を聞きました。 実施企業と参加者 「タニモク」実施のきっかけー今回、どのような経緯で「タニモク」を実施することになったのでしょうか? 三石:

スキ
1