「タニモク」編集部

「みつけてもらおう、自分の活かし方。」ー自分の伸びしろに気付き、伸ばすきっかけをつくる他人に目標をたててもらうワークショップ「タニモク」の公式アカウントです。ワークショップのTIPSや事例紹介、目標達成のヒントやイベント情報をお伝えします。

「タニモク」編集部

「みつけてもらおう、自分の活かし方。」ー自分の伸びしろに気付き、伸ばすきっかけをつくる他人に目標をたててもらうワークショップ「タニモク」の公式アカウントです。ワークショップのTIPSや事例紹介、目標達成のヒントやイベント情報をお伝えします。

マガジン

  • 「タニモク」編集部のコラム

    「タニモク」編集部が、“明日がちょっと良くなる”をテーマにお届けしているコラムをまとめたマガジンです。

  • 「タニモク」主催したみなさん

    「タニモク」を主催した気づきや学び、発見が書かれているnoteをまとめたマガジンです。

  • 「タニモク」体験したみなさん

    「タニモク」参加者の気づきや学び、発見が書かれているnoteをまとめたマガジンです。

リンク

「タニモク」編集部のコラム

「タニモク」編集部が、“明日がちょっと良くなる”をテーマにお届けしているコラムをまとめたマガジンです。

すべて見る

【イベントレポート】『「タニモク」流の振り返り』をテーマに「タニモク」ファンミーティングを開催しました

こんにちは!「タニモク」編集部です。 2022年9月14日、『「タニモク」流の振り返り』をテーマに、第4回「タニモク」ファンミーティングを開催しました。 この記事では、イベントの内容や参加したみなさんの様子をお伝えします。 「タニモク」ファンミーティングとは「タニモク」は、「みつけてもらおう、自分の活かし方。」をコアメッセージに掲げ、目標や行動を他人に考えてもらうことによって、自分の視野をひろげたり、新たな可能性に気づいたりすることができるワークショップです。2018年9月

【Pickup】「タニモク」を活用した個人の体験談を集めました

こんにちは!「タニモク」編集部です。 「タニモク」は、他人に目標をたててもらうワークショップ。他人の考え方を借り、枠を広げた状態の自分が目標設定を行う内容です。事務局が運営する公式「タニモク」以外にも、企業や学校、コミュニティなどでも開催されているため、一度は耳にしたことのある方もいるのではないでしょうか。 1つ前の記事では、「タニモク」を主催・体験した企業や団体の感想をまとめた記事を配信しました。今回は、「タニモク」を体験した個人の感想を聞いてみたい方に向けて、各SNSな

スキ
3

【Pickup】「タニモク」を活用した企業や団体の事例を集めました

こんにちは!「タニモク」編集部です。 5年目を迎えた「タニモク」は、さまざまな企業や団体で活用いただくようになりました。「タニモク」の輪が広がったことで、事務局には「企業の場合どんなシーンで活用できる?」「実施の変化が知りたい」という声も届くようになりました。 今回は、「タニモク」を活用いただいた企業や団体が感想を掲載したサイトをご紹介します 企業や団体で「タニモク」を活用するシーン関係性づくり 新人スタッフやチームビルディングなど、初対面や親密度が低い人たちが集まる際の

スキ
3

「タニモク」流の振り返りプログラムを体験!「タニモク」ファンミーティングを開催します

こんにちは!「タニモク」編集部です。 他人に目標をたててもらうワークショップ「タニモク」では、活用してくださるファンの集い「ファンミーティング」を半年に一度開催しています! 次回は9月14日(水)にオンラインで開催。今回のテーマは『「タニモク」流の振り返り』です! 「タニモク」ファンミーティングとは「タニモク」ファンミーティングとは、「タニモク」を日頃から活用したり、体験した方が集まって「タニモク」をよりよくしていくためのナレッジを共有しあったり、つながりをつくるファン交流

スキ
1

「タニモク」主催したみなさん

「タニモク」を主催した気づきや学び、発見が書かれているnoteをまとめたマガジンです。

すべて見る

【活用事例】女性の多様性あるはたらき方を応援『女性社員×「タニモク」』

こんにちは!「タニモク」編集部です。 「タニモク」は、他人の考え方を借りて自分の伸びしろに気付き、新しい切り口を得るワークショップです。noteでは、さまざまな企業や団体、学校で実施された事例やお役立ちコラムをご紹介しています。 先日、「タニモク」を提供するパーソルキャリア株式会社では、同じ属性でワークとライフのバランスに悩む社員を対象とした「タニモク」を実施しました。実施目的や内容、開催時の工夫などを、「タニモク」プロジェクトオーナーで当日のファシリテーターも担当した三石

スキ
3

【活用事例】初対面同士の交流を深める『シェアオフィス×「タニモク」』

こんにちは!「タニモク」編集部です。 noteでは、「タニモク」を主催された方々にインタビューを行い、開催時の工夫や得られた効果、参加者の声などをご紹介しています。 今回ピックアップするのは、東京を中心に会員制シェアオフィスを展開している「Business-Airport」。シェアオフィスという人と人が交わる空間を活かし、オフラインで実施された「タニモク」について、開催のきっかけや内容、オフライン開催ならではの工夫点、今後の活用方法などについてお話しいただきました。 実施

スキ
3

【活用事例】はたらく環境をより良いものに『コワーキングスペース×「タニモク」』

こんにちは!「タニモク」編集部です。 noteでは、「タニモク」を主催された方々にインタビューを行い、開催時の工夫や得られた効果などをご紹介しています。 今回お話を伺ったのは、沖縄県でコワーキングスペースやシェアオフィスを運営する「howlive」のコミュニティマネージャー、椎名修一さん。コミュニティのイベントとして「タニモク」を実施されたという椎名さんに、開催への想いや今後の活用方法についてお話しいただきました。 実施企業と参加者 howliveとはー初めに、howl

スキ
2

自分では気づかなかった自身の可能性に出会える! 「タニモク」イベントレポート

「沖縄ではたらく、をより良く」するコミュニティ “UPDATE with howlive” では、人と情報が行き交い出会うキッカケとして、3日連続のイベントを開催。「howlive Event Week!!!」と題して、2022年7月12日(火) ~ 14日(木) にhowlive タイムスビル店(那覇・久茂地)にて実施しました。 1日目は、他人に目標をたててもらう「タニモク」(開発 : パーソルキャリア)のワークショップを開催。 参加者の皆さんから「自分を見直すチャンスに

スキ
7

「タニモク」体験したみなさん

「タニモク」参加者の気づきや学び、発見が書かれているnoteをまとめたマガジンです。

すべて見る

NTTドコモ「はたらく部」と昭和学院企業ゼミが実施したサマーキャンプにて「タニモク」ワークショップを実施しました!

こんにちは!「タニモク」編集部です。 「タニモク」は、社会人だけでなく、学生向けにもワークショップを実施しています。 今回は、株式会社NTTドコモと株式会社アルファドライブの共創事業である高校生向けオンラインキャリア教育サービス「はたらく部」が、この夏の目玉イベントとして昭和学院起業ゼミと合同で実施した「サマーキャンプ」にて、「タニモク」を実施しました!自己理解のワークショップとして活用された様子をレポートします。 イベント概要 はたらく部とは?社会/学校/学生をつなぐ

スキ
11

【インタビュー】「ほどよい距離感」の仲間と過ごす最高の時間。3名の「タニモク」

こんにちは!「タニモク」編集部です。 noteでは「タニモク」を実施された団体や個人の方にインタビューを行い、活用方法や効果などをご紹介しています。 今回お話を伺ったのは、3名で定期的に「タニモク」を開催されているという、河原あずささん、藤田祐司さん、若宮和男さん。 このメンバーで定期的に「タニモク」を開催する理由や、1回で終わらない価値などを深掘りしていきます。 【お話いただいた方】 ・河原あずささん(写真右上) Potage 株式会社 代表取締役。 コミュニティ・アク

スキ
11

「タニモク」に参加したら、良い新年度を迎える目標ができた話。

昨日は「タニモク」に参加しました。 他人に目標をたててもらうワークショップ「タニモク」。「タニモク」は、自分以外の視点を取り入れることで選択肢を増やし、新しい目標設定を行うワークショップです。 感想は以下。 ●ものすごく楽しかった!!この楽しいは「未来が見据えられたことによるワクワク」なのかもしれない。 ●知らないうちに凝り固まってしまっている思考と視野に、新たな場所をスポットライトで照らしてくれる感じ。 ●自分のバックグラウンドを知らない人たちと接することが出来る心地よ

スキ
7

「タニモク」をやってみた

言葉を何でも短く縮めるのが好きなのは、 何も日本人だけではないのかもしれないが、 我々はつい言葉を縮めたがる生き物だ。 これだけ短縮語がやたらとはびこるのは、 そこに合理性があるからなのだろう。 長いと覚えにくいから、覚えやすくする 効果が期待できる。 短くすると、話す際の時間短縮にもなって、 コミュニケーションの効率が上がる。 最初は内輪だけで理解できる言葉を作る ことになり、そのコミュニティの結束を 強める。 少し考えただけでも、そんな合理的な 要素を挙げることができる

スキ
14