人事 / D&I / 女性活躍推進担当限定「タニモク」フェスを開催します!
見出し画像

人事 / D&I / 女性活躍推進担当限定「タニモク」フェスを開催します!

「タニモク」編集部

こんにちは!「タニモク」編集部です。
2022年1月13日(木)13時から、人事/D&I/女性活躍推進担当限定「タニモク」フェスをオンラインにて開催します!

この記事では、今回の「タニモク」フェスの目的や当日の内容をご紹介します。「ダイバーシティ」や「女性活躍推進」に悩まれている方、これからプロジェクトを推進される方など、課題解決のヒントを得る場としてぜひご参加ください!

スクリーンショット 2021-12-10 092624


イベントの概要、応募条件

【イベント概要】
◆日時:2022年1月13日(木)
 13:00~16:00(受付開始 12:45)
◆開催方法:オンラインにて開催
 第1部 Web会議サービス「Zoom」にて配信予定
 第2部 Web会議サービス「Zoom」を利用してのオンライン開催
 ※事前に「Zoom」アプリのダウンロードをお願いいたします。
◆定員:
 第1部 なし
 第2部 「タニモク」ワークショップ 100名
 ※応募多数の場合は、抽選になる可能性があります。
【応募条件】
●人事、教育、研修、組織開発などに携わっている方
●ダイバーシティや女性活躍推進に携わっている方
※研修をサービス提供されている方は、ご遠慮ください。
※当日予定しているワークショップは、顔を出して参加いただきます。予めご了承ください。



今回のテーマは、「多様性を、組織の力に変える」!

今回の「タニモク」フェスのテーマは、「多様性を、組織の力に変える」です。

近年、「ダイバーシティ」や「女性活躍推進」という言葉を耳にする機会が増えています。一方で、その取り組みが、当事者である社員たちの強みやはたらくモチベーションを引き出せているかというと、なかなか難しいという声も同じように届きます。

なぜ、組織のダイバーシティは進まないのでしょうか。
なぜ、女性活躍と言われ続けるのでしょうか。

私たちは、「タニモク」を企業や大学、自治体などに提供していく中で、その糸口があると感じていました。それは、「当事者目線」に立った推進であるのか、ということです。
例えば、「女性の活躍」を考えたとき、「管理職」という、限られた選択肢に向けた施策になってはいないでしょうか。もしかすると、それはご本人たちが望んでいる道ではないのかもしれませんし、これでは「管理職になりたい!」という声も増えていきません。

はたらく人は、選択肢を持って、自分が活きる道を自ら選び、行動し、成功体験を得ることでやる気が引き出されていきます。そんな姿を「タニモク」を通じて、たくさんみてきました。

誰もが、自分のはたらき方、生き方を自ら選択し、切り拓いていきたいと思っている。

これが、私たちの考えです。「タニモク」では、他人の視点を得ることで、「自分の活かし方」がわかります。参加者同士は、お互いに協力しあうことで、小さな成功体験を喜びあえる関係をつくっていきます。その連鎖の結果、組織の多様性を活かせる土壌ができあがっていくと考えています。

今回の「タニモク」フェスでは、ダイバーシティや女性活躍推進の課題の根本を深堀りすると同時に、私たちが実践を通してわかったことをゲストの方の実践例とともに共有し、解決の糸口を皆さんと考えていきたいと思っています。

当日は、"社員が自発的に行動する"、"これからのキャリアや働き方を考えるキッカケを与える"「タニモク」ワークショップも体験していただけます。ダイバーシティ推進、女性活躍推進を担う担当者同士のネットワークを構築する機会としても、ぜひご活用ください。


イベントの詳細

今回の「タニモク」フェスは、2部に分けて行います。

第1部では、「女性が活き活きと働ける会社になるために」をテーマに、組織のダイバーシティ・マネジメント改革、女性活躍推進などを行うOMOYA Inc. 代表取締役社長 / 女子未来大学ファウンダーの猪熊真理子氏をゲストにお招きして、トークセッションを行います。
また、D&Iや女性活躍推進担当の取り組み事例、「タニモク」を用いた女性社員の目標設定と女性コミュニティの運営などの実例を通して、社員の多様性を活かした組織づくりのヒントを探ります。

第2部では、多様性を活かすキッカケをつくる「タニモク」の、体験ワークショップを開催。他人に目標をたててもらう体験を通して、強みや個性を言葉にしてもらい、グッと背中を押してもらえる実体験を得ていただきます。
目標をたてあったメンバー同士が「個々の目標や行動を支援する」仕掛けとポイントもお伝えしますので、研修だけで終わらない継続的な取り組みにつなげていただければ嬉しいです。


当日のスケジュール

今回の「タニモク」フェスの内容と流れは以下の通りです。

スクリーンショット 2021-12-10 093304

スクリーンショット 2021-12-10 093329

※上記内容は変更となる場合があります。ご了承ください。



過去の人事限定イベントの様子

ご参考までに、過去の人事限定イベントの様子をご紹介します。
まずこちらは、人事限定『「タニモク」100人会』の様子です。

画像4

画像5

画像6

※今年は、オンラインでの開催となります。

また、前回の人事限定「タニモク」フェスは、『「タニモク」で組織を活性化させる』をテーマに、オンラインで開催しました。

参加者からは

●思っていたよりも短時間しか話していない人に、心に刺さる言葉をかけていただきました。自分の考え方を見直すきっかけになりました。初めましての人だからこそ、先入観なくお互い無責任に楽しめるのかなと感じました。偶然なのか、自分を客観的にみると進むべき方向性が自ずと見えるのか、不思議でした。

●自分の思考は本当に狭いことを再認識しました。まず自分の状況を整理でき、さらに背中を押してもらえたように思います。

●目標を考えることを1人でやるより楽しく、モチベーションが上がりました。

●時間が足りない!と言うくらい面白かったし、気づきも多くいただけました。

●バッサリ切られた感じがして、とても気持ちがよかったです。目から鱗がポロポロ落ちる感覚を味わえました。

など、「タニモク」の効果についてたくさんの声が寄せられました。

この人事限定「タニモク」フェスの満足度は、100%。さらに、参加した人事担当者の77%に、「『タニモク』を自社で活用したい」とご回答いただきました。



「タニモク」フェスにぜひご参加ください!

「タニモク」は、利害関係のない3~4人が1組となり、参加者同士で目標をたてあうワークショップです。
他人に話を聞いてもらい、質問してもらい、大胆に・自由に目標をたててもらう。
その目標は、自分の考えのワクを飛び越えた、新しい目標と行動の切り口を提供してくれます。

実際に「タニモク」を導入した企業の方からは、「社員が自発的に相談し、フィードバックをする文化ができた」「社員同士が行動の支援を行うことで、チャレンジが増えた」、その結果「"自信をもった"社員が増えた」という声をいただいています。

また、「タニモク」を通して、社員一人ひとりに新しい人脈ができることも。それにより、組織の枠を超えた人間関係が構築され、組織に活力が生まれます。

今回の「タニモク」フェスでは、参加者同士の「タニモク」によって、新しい目標と行動の切り口、2022年の目標がみつかるかもしれません。
ぜひ、第1部だけでなく、第2部の体験ワークショップにもご参加ください。



「タニモク」フェスは、以下のリンクから申し込みいただけます。みなさまのご参加を心よりお待ちしています!



「タニモク」についてもっと知りたいと感じた方は、公式ホームページもご覧ください。
定期的に専任のファシリテーターが実施する「タニモク」を開催しているため、興味をもった方はぜひ体験してみてくださいね。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!
またみてください!
「タニモク」編集部
「みつけてもらおう、自分の活かし方。」ー自分の伸びしろに気付き、伸ばすきっかけをつくる他人に目標をたててもらうワークショップ「タニモク」の公式アカウントです。ワークショップのTIPSや事例紹介、目標達成のヒントやイベント情報をお伝えします。